投資

【イデコ(iDeCo)】仕組みをよく知らないで申し込んではいけない理由

豚の貯金箱

老後のことが心配な人が多いと思います。

自分は老後暮らしていけるだけのお金が用意できるのか、年金だけで足りるのか。

そんな心配をしている人に向けて用意された制度があります。

それが「イデコ(iDeCo)」です。

iDeCoとは

iDeCoとは、国民年金や厚生年金とは違い、自分で積み立てていく年金制度のこと。

個人型確定拠出年金とも呼ばれています。

上限は異なりますが自分で積立金額(掛け金)を決め、その掛け金を自分の好きな運用方法で年金として積み立てていく制度です。

日本在住の20歳以上が対象となり、60歳以降に年金または一時金として受け取れます。

運用方法には様々なものがあり、定期預金として運用していく安定型のものもあれば、投資資金として運用しながら増やしていくことを目的としたものもあります。

メリットは?

自分で掛け金を決められるところや、老後に備えて準備できる点がいいところ。

一度掛け金を支払うと60歳まで受取時まで引き出せない為、使ってしまう心配もありません。

また、支払った掛け金が全額所得税が控除されることもうれしいポイント!

何パーセントとかではなく全額控除になるので税金が減るメリットが大きい!

老後に備えて貯めつつ、今減っていくお金を抑えることができるので一石二鳥です。

非課税で運用できるので、投資に興味がある方にもおすすめ。

デメリットは?

先ほども述べた通り、一度掛け金を支払うと60歳の受け取り時まで引き出せない為、注意が必要です。

そのため、余裕資金を使って運用することをお勧めします。

老後に備えて掛け金を高めに設定してしまうと、後々必要な資金が引き出せなくて困ることに、、

そうならない為にも、掛け金はよく考えて無理のない範囲で設定しましょう。

掛け金は変更できないの?

変更はできます。ただし、年に1回のみです。

年内に何回も変更できるわけではないので気を付けましょう。

変更方法は、利用している金融機関必要書類を取り寄せて行います。

web上での変更手続きは行っていない為、少々手間がかかりますので注意が必要です。

途中で払えなくなったらどうするの?解約は?

ライフスタイルの変化があった場合、急に支払えなくなることもありますよね。

そんな時は、掛け金の拠出を一時的に停止することもできます。

ただし、やはり今までためてきたお金を引き落とすことはできませんのであしからず。

また、途中解約は基本的にできません。例外がありますがなかなか厳しい条件となっています。

最低掛け金は5,000円となっているため、支払が厳しくなった場合は最低掛け金でコツコツと貯めていくことをお勧めします。

支払いが難しいときに毎月5,000円の支払いって個人的には厳しいと思うの。

だからその辺をよく考慮して、絶対に余裕資金から払えるって確信を持ってから申し込んだ方がいいわ

うさ美ちゃん

制度をよく理解して老後に備えてiDeCoを活用しよう

iDeCoは今後の将来を考えたときに、とてもいい制度だと思います。

個人的には、毎月最低5,000円の支払い、且つ解約ができないのがリスクだと思いますので懸念点ではありますが

「税金を減らして、自分で年金を作り出す」早ければ早いほど活きてくる制度ですので、

ご自分のライフスタイルで余裕資金が作り出せる環境であればぜひやってほしいと思います。

ぜひご検討くださいね。

-投資

© 2022 ポイ活を愛する節約ブログ