生活

【出産時に42万もらえる!】出産育児一時金を活用してお金を増やそう

赤い糸で結ばれている赤ちゃん

出産費用にも色々とお金がいりますよね。

子育ては出産後が本番。

産んだ後にこそお金が必要になりますし、出産費用は出来るだけ抑えたいところ。

そこで「出産育児一時金」の出番です。

必ずもらいましょう。

出産育児一時金とは?

「出産育児一時金」とは出産した時に一部補助金がもらえる制度。

申請しないと貰えませんので、忘れずに手続きをしましょう。

 出産から2年以内なら請求可能です!

いくら貰える?

子供一人につき42万円(特定の条件では40.4万円)

※双子の場合は二人分の84万円です。

どんな人がもらえるの?

赤ちゃんを包み込む手のひら

妊娠4ヶ月以上で出産した方で、

公的医療保険に加入している方。

また、妊娠4ヶ月以上の流産や死産、人工中絶にも支払われます。

公的医療保険とは

国民健康保険、会社等から加入する健康保険組合、共済組合などを含む。

申請方法

受取代理制度

支給額分が、医療機関で支払う金額から減額されます。出産前に健康保険組合などへの手続きが必要です。

直接支払制度

支給額分が、医療機関で支払う金額から減額されます。出産前に医療機関を通じて手続きを済ます方法。健康保険組合などへの手続きが基本的に不要。

償還払い制度

出産費用の全額を医療機関に一度支払った後に、健康保険組合などに手続きをして後から支給額を受け取ることができる方法。

直接支払制度が便利!
産む予定の医療機関に保険証を提示して、直接支払制度に合意する手続きをするだけなので、病院がこの制度を使っているならこの方法が一番楽ですよ!

受取代理制度や、直接支払制度の場合、42万円以上なら後で医療機関に別途支払いすればOK。

それ以下なら保険組合から差額分をもらえますよ!

直接支払制度を行っていない病院もあるので、よく調べてから手続きしましょう。

出産時の負担を少しでも減らそう!

出産費用の42万は、出産する人にとって、とてもありがたい制度です。

活用して少しでも負担を減らしましょう

-生活

© 2022 ポイ活を愛する節約ブログ